【上智生に聞け!】夏休み中に過去問、赤本は何回解くべき?【大学受験】

大学受験

高3の夏休みだけど、私大やセンター試験の過去問ってどのくらい解いたらいいんだろう?

ヘムロック
ヘムロック

こんにちは!現役上智大学生のヘムロックです!今回は受験生の夏休みの過去問への取り組み方を僕の合格体験に基づいて解説していきたいと思います!

すぐにでも赤本の確認だけはしておこう!

この記事を見ている皆さん!まず、赤本(私大の過去問)に全く目を通していなかったらすぐに軽くだけ目を通しましょう!

なぜ目を通す必要があるかというと、大学や学科ごとで特殊な問題が出題される場合があるからです。

例えば、僕の通っている上智の経営学科というのは、国語で、近代文語文というかなり変わったものがありました。他のどの学科の試験にもないものでしたが、もし、夏休み後半にでも気づいたら大変!

こういった特殊なものは夏休みの早めからじっくりと対策しておくに限るので、まずは第1~3志望にそういった特殊な出題傾向がないかチェックしましょう。

赤本演習は一周!最悪解かなくても大丈夫!

目安としては、赤本(私大の過去問)は第一志望~第三志望までを一度解けるとよいですね。最後の週に軽く解けるといいかなという感じでスケジュールを立てるとよいでしょう!

ただ、夏休みは過去問に取り組めなくても焦る時期ではないです!一回も解けなくても焦る必要はありません!なぜなら、夏休みには過去問よりも優先すべきことがあるからなんです。

夏休みは過去問よりも基礎固め!

。夏休み中に最優先でやってほしいこと、それは全教科の基礎固めです!

過去問はこの先演習する時間は十分に用意できます。でも、弱点や苦手分野の克服っていうのは夏休み以降に行うのがなかなか難しいんですよね。

予備校や塾の授業は、夏休み以降は発展的な演習がほとんどになってきます。全科目の学力の安定した土台ができているかどうか。これが秋以降の学力の伸びの大きさに関わってきます。

共通試験の対策は模試でOK

そんなこと言ったって、共通テストとかはどうなるかわからないのにどうするの?

ヘムロック
ヘムロック

共通テストに関しても同じです!センター試験の過去問を焦って解いたりする必要はないですよ。

むしろ、私大の独自試験よりこの時期に過去問を解く必要性が低いんです!その理由を解説していきますね!

共通試験の対策はもっと優先度が低いです。問題形式に対応するための独自の対策などはまだしなくて大丈夫です!

なぜなら、私大の独自問題に比べて、共通試験の問題は基礎的なものが中心だからなんです!夏休みの基礎固めが共通テストの対策に直結しているということなんですね。だから基礎固めがますます重要となってくるんです!

ただ、軽く傾向を把握しておくという意味ではマーク式の模試は夏休み中に一度は受けておくことがおすすめです!

赤本を解いてボロボロだったとしても落ち込まない!

夏休みの最後に解いてみたけど全然ダメだったよ…

こんなので受かるんだろうか…

ヘムロック
ヘムロック

心配しなくても大丈夫!

実は僕も夏休みに過去問を解いた際には時間内に解けず、得点も合格ラインから程遠かったんです!

夏休み中に過去問に取り組んでみたはいいけど、ぜんぜん解けなかった…

そんなあなた!落ち込まないでください!この時期の過去問演習の目的はあくまでも過去問の把握です!高得点を取ることではありません!

夏休みの赤本演習でやるべきこと

赤本を解いて把握って、具体的に何をすればいいの?

夏休み中に過去問を解いたらやってほしいことは3つです!

  1. 難易度の分析
  2. 時間配分を考える
  3. 今の自分に足りないものの分析

1の難易度の分析というのは、科目ごと、設問ごとの分析です。難しい設問がどのあたりか把握したら、その部分は後回しで解くようにするのがオススメです。

2の時間配分は、難易度の分析を踏まえて、難しい問題にしっかり時間を残せるように行うことがコツです。

3の自己分析は、解いた結果を見て、自分の弱み、強みをしっかり理解することが重要です。夏休み中の勉強によって、あなたの学力は大きく変化しているはず。それの確認にもなります!

最後になりますが、受験生の皆さんがこの記事を活かして夏休み、そして秋以降に合格に近づけるように応援しています!ご愛読ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました